もうひとつの信用取引のメリット

株式投資

信用取引のもう一つのメリットは、

株価下落時にも利益を出せる(空売り)」ことです。

普通の株取引では、株価が安いときに買っておいて、

のちに株価が上がったところで売ります。

この差が利益になります。
空売り(信用売り)」は全く逆の発想です。

下がると思う株を売りから入り、株価が下がったところで

買い戻すと利益になります。

株価が下がれば儲かるのです。

10万円の株を買ったとき、最悪な状態は、

上場廃止や倒産などで株価が0円になることです。

 

それでは、空売りの場合はどうでしょう。

10万円の株を空売りして、9万円になれば1万円の利益となります。

しかし、株価が急騰して20万円、50万円……となっていくと、

損失も10万円、40万円と、限りなく膨らんでいきます。

 

株価の下落には「底」が決まっていて、上昇には「天井」がないということ。

私は、空売りをメインとしては利用していませんが、

損切りした株がさらに下がりそうな時は、損失を補てんしたい思いで

利用することがあります。

でも、必ずその日のうちに買い戻します。

 

空売りの利益は、空売りから入った銘柄の株価がゼロになった時が

最大の利益額となります。

しかし、損失は無限大です。

 

株価が予想に反してどんどん上昇していくと

損失がどんどん増加していくのです。

これが、怖いのです。

だから、その取引時間中に必ず買い戻して終わるようにします。

その点を注意して取引して下さい。

「買いは家まで売りは命まで」と言われる所以です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村